私がやっていた生保営業もそうですが、生命保険の相談をする相手は経験を積んでいるかどうか、知識が豊富かどうかは重要なポイントです。
同じ相談を受けるにしても、アドバイスが全然違いますから!

その点で保険見直しラボFPの保険業界歴が平均11.8年というベテランそろいです。

相談件数が多いということは、それぞれ多くの事例を扱っているということです。
「わが家みたいなケースはどうなんだろう?」という心配は不要です。

保険見直しラボは取り扱い保険会社の数が豊富


保険見直しラボ

ショッピングモールや駅前などに出店している保険相談窓口は保険代理店と呼ばれるものです。

こういったところは取り扱っている保険会社が少ない場合があります。

保険見直しラボは生命保険会社17社、損害保険会11社の保険商品を取り扱っています。

保険見直しラボの取り扱い生命保険

保険見直しラボでは以下の17社の保険商品を取り扱っています。
  • 日本生命保険相互会社
  • 明治安田生命相互会社
  • 第一生命保険株式会社
  • マニュライフ生命保険株式会社
  • ソニー生命保険株式会社
  • 東京海上日動あんしん生命保険株式会社
  • アクサ生命保険株式会社
  • エヌエヌ生命保険株式会社
  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
  • チューリッヒ生命
  • AIG富士生命保険株式会社
  • アメリカンファミリー生命保険会社
  • オリックス生命保険株式会社
  • マスミューチュアル生命保険株式会社
  • 三井住友海上あいおい生命保険
  • メットライフ生命保険株式会社

日本生命や第一生命といった国内大手生保からメットライフ生命やオリックス生命などネット生保まで幅広く取り扱いがあるので、気になる保険会社の商品を比較したり、自分にはどれが合うかをとことん聞くことができますよ。

保険見直しラボの取り扱い損保

損保会社も下記の11社を取り扱っています。
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • Chubb損害保険株式会社
  • 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
  • 日新火災海上保険株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • AIU損害保険株式会社
  • 朝日火災海上保険株式会社
  • セコム損害保険株式会社
  • そんぽ24損害保険株式会社
  • 富士火災海上保険株式会社
最近は損害保険会社でもバラエティに富んだ保険商品を扱っています。これだけ多くの損保会社を扱っているのはすごいことですね。

保険見直しラボは何度相談しても無料!

こういう無料相談サービスは1回きりだと思っていませんか?

保険見直しラボは何度でも相談できるんです。

保険は一度聞いただけでは理解できないほど難解です。

FPさんの相談を受けて、そのときはなんとなくわかったような気になっても、家に帰ったらワケがわからなくなった……というのはよくある話です。

例えば奥様だけが説明を聞いて、夜ダンナさんに説明しても「結局、何がどうなの?」「おまえの説明じゃわからないよ」
あげくの果てに「ダマされてるんじゃない?」とまで言われる始末。

そんなときは改めてダンナさんと一緒にもう一度説明を聞くということもOKです。

それに保険は長く続けるものだけに、納得して選びたいですよね。そういう方のために保険見直しラボでは、何度でも説明が受けられます。

保険の見直しは家計をトータルで考えるべき

生保の営業をしていると「保険を契約してもらうこと」ばかりを考えてしまいます。

ところがそれでは家計全体のバランスを見ることはできません。
保険見直しラボは住宅ローン、教育費、老後資金など家計全体をトータルで考えてくれます。

ぜひ相談してみてくださいね。

今なら相談後にかんたんなアンケートに答えると、プレゼントがもらえますよ。
保険見直しラボの公式サイトはこちら